黄金のカエルと沈黙の歌 第3話

 

何とか、ランスはトーラが壁にぶつかってしまわないように、抱きかかえるようにしてかばいました。

それが精いっぱいでした。

 

受け身もとれないまま、ランスは容赦なく壁に叩きつけられました。

痛みが、見えない巨人の手にえぐられるように殴られたおなかと、壁にぶつかったと背中の前後から、容赦なくランスを襲います。

 

「ぐ、ぅっ」

 

衝撃と激痛に大きく開いたランスのくちばしの奥から、血が弧を描いて飛びます。

ランスは、トーラを抱えたまま、壁に背を預けるようにしてずるずると崩れ落ちました。

周囲で子どもたちの悲鳴が上がります。

 

「ランス兄ちゃん!」

「トーラ!!」

 

その悲鳴をかきけすように、ゾーイの怒声が響き渡りました。

 

「こンの、生意気な、クソガキャア!」

 

びりびりと、ゾーイの怒声は「雰囲気」ではなく、本当に空気を「物理的に」震わせます。

ゾーイの抑えきれない怒りの波動が、魔法の形を持たない魔力の余波という形で世界に干渉しているのです。

 

「…!!」

 

あふれる魔力に載った怒りの波動にとらわれ、悲鳴は一瞬で静まり返りました。

子どもたちは例外なく、一瞬で蛇ににらまれたカエルのように硬直してしまいました。

 

はやく、逃げるんだ。

 

ランスは必死に声を出そうとしますが、喉の出てくるのはひゅーひゅーという、変な呼吸の音ばかりです。

 

ここで終わってしまうのか。

誰も、守れないままに。

 

ランスが絶望しかけた、そのときです。

 

「ぐ、ううううううっ!?」

 

突如、ゾーイが苦しみ始めたのです。

 

「お、おい、ゾーイ!!」

 

取り巻きたちも、さすがの異常事態に取り乱します。

 

「う、ぐ、ぐぬぁああああああああ」

 

ゾーイは地面に倒れこむと、頭を抱えて悶え始めました。

悲鳴を上げながら、ごろごろと地面を転がりまわります。

 

命を覚悟した矢先の敵の不気味な異変に、ランスは戸惑いつつも、トーラをかばいながら、敵の様子を伺います。

 

(なんだ、これ…!?)

 

よく見れば、ゾーイに刻まれた赤マナのタトゥーの光が、強くなったかと思えば、また弱くなったりと、不規則な明滅を繰り返しています。

 

(魔力が、制御できなくなっている?)

 

ランスは気づきました。

先ほどまで、ゾーイの怒りの波動をのせてあふれていた魔力が、すっかり消えているのです。

 

「や、やべえ!赤マナが暴走してるんだ!」

「っ!誰か安定剤、持ってきてるか!?」

「持ってきてねえ!」

「ちくしょう、戻るぞ!!」

 

取り巻きたちは、ゾーイを解放しながら、何かをあわただしく会話しています。

一人がゾーイを背負いあげると、何かを言い残すこともなく、彼らは、ばたばたと去って行ってしまいました。

黄金のカエル像と沈黙の歌 第2話

そのときです。

ゾーイと取り巻きたちの嫌なくすくす笑いを切り裂くように、身をすくめていた子どもの1人が、ランスの窮地に雄たけびをあげたのです。

 

「ランス兄ちゃんをっ、いじめるなっ!!」

 

勇気を出したアラコアの少年は、足元にあった手のひら大の瓦礫を拾うと、力いっぱい、ゾーイに向かって投げつけました。

 

「‼?」

 

十にも満たぬ幼い子どもだからと、ゾーイが子どもたちを視界にすら入れていなかったことと、ゾーイと少年の距離が、ランスを挟んでもかなりの至近距離だったからでしょう。

 

がっ、と鈍い音を立てて、石はゾーイの右目に、幸か不幸か、見事に直撃しました。

 

「いってぇっ!!」

 

子どもが投げたとはいえ、それなりに重さと大きさのある瓦礫で、当たった場所は生き物の共通の急所である目です。

痛くないわけがありません。

嘴を大きく開けて太い舌を突き出し、ざらつく様な声で悲鳴をあげ、ゾーイは思わずランスを取り落としました。

 

「くっ!げほっ、ごほっ」

 

ゾーイの締め付けから解放されたランスの気道に、一気に新鮮な空気が流れ込みます。

地面に尻もちをつきながら、ランスは激しくせき込みました。

 

「やったあ!ランス兄ちゃんっ!」

 

少年が明るい声をあげて、解放されたランスへと駆け寄ってきます。

さっきまで、ランスや自分たちをいじめていた悪者に一矢報いることができたことに、喜びと誇らしさを感じているようです。

 

「兄ちゃん、大丈夫?」

「だめだっ、トーラ!」

 

自らに向かってくる少年、トーラに、ランスは必死に静止の声をあげました。

 

「えっ」

 

しかし、遅かったようです。

トーラがランスの警告を理解するよりも早く、トーラの体が、まるで見えない手に襟首をつかまれたように、空中に持ち上がります。

 

見えない手は、ぎゅううう、と先ほどランスがされたように、トーラの襟首を締めあげます。

 

「ぐ、えええ」

トーラ!!」

 「ガキが。舐めたまね、しやがって」

 

ランスが振り返ると、血の流れる右目をおさえながら、残った左目で、ゾーイがこちらをにらんでいました。

ゾーイの激しい怒気と殺意のこもった視線に、ランスは思わず身震いしました。

ゾーイの体は、赤いオーラに包まれ、顔や腕に彫り込まれた「赤いタトゥー」が、不気味に発光しています。

まるで、ゾーイの怒りを、そのまま体現しているようです。

 

「やめろ!トーラは悪くない!悪いのは、俺なんだ!」

 

ゾーイに向かって、ランスは叫びます。

 

「はぁ?『とーらはぁ、わるくないぃ、わるいのは、おれなんだ』ですだぁ?」

 

ふざけた口調でランスの言葉を真似て、ゾーイはけたけたと笑いました。

 

「ら、んすにいちゃ、たずげ、で」

 

ゾーイの高い笑い声をバックに、喉を絞りあげられながら、トーラがか細い声で必死に助けを求めます。

トーラの顔色は真っ赤で、嘴の端からはよだれがたれ、白目をむきかけていました。

 

「やめろおおおおお!!!」

 

トーラの助けを求める声に、ランスの中で、何かがはじけました。

やみくもに、ランスはゾーイへ突進しました。

まだ少年のランスには、ゾーイの魔法を阻むだけの魔力も、殴り倒すだけの腕力もありません。

それでも、大事な仲間を見殺しにして立ち尽くすことはできませんでした。

 

「!」

 

ランスがこぶしを振りかぶった瞬間、ゾーイが笑いを止めて、かっ、と左目を見開きました。

獲物を見定めた瞬間のハゲタカのように、瞳孔がきゅっと鋭く絞られ、ランスを捕らえます。

 

「『群れ』の躾けもできてねえやつが、いっちょまえのこと、ぬかしてんじゃ、ねえぞおおおおおっっ!」

 

まるで縄張りを侵された雄のハイメインが怒りの咆哮を上げるように、ゾーイが吠えました。

それにこたえるように、ゾーイの「赤いタトゥー」が、より強く発光します。

 

「うわあああああっ!」

 

身構える暇もありませんでした。

まるで、見えない巨人の手に殴られたような衝撃と痛みが、ランスを襲いました。

そのまま、吹き飛ばされたランスは、トーラと共に壁へとたたきつけられてしまいました。

第2回 HS診断大会(前編)

こんばんは、ダンシングレッサーパンダねくろむです。

今夜は第2回HS診断大会に参加してきました!

 

説明しよう!

「第2回 HS診断大会」とは、

【HSデッキ診断】今日のデッキメーカーに己のバトルタグを入力し、

そこで出た診断結果に沿ったデッキを作って戦う大会だ!

ちなみに形式はBO1。スイスドローである。

詳しくは主催者「ミーシャル」さんのブログ、こちらを見てね!

http://meeshal.blog.fc2.com/blog-entry-72.html

 

今回のねくろむのお題は…

 

f:id:Necrom4444:20170624230639p:plain

またドルイドでした!前回は二足歩行、今回は漢字禁止。

 

私はおもむろにコレクション画面を開き、

 

フリーズした。

 

 

ドルイドのカードって、「漢字」はいってるやつ多くね?

 

 

「練気」、「野生の繁茂」、「翡翠の開花」といったお家芸のマナ加速に加え、

「なぎ払い」「自然の怒り」といったメジャーな除去スペルも使えない。

最近はやりのアグロしようにも「野生の力」「蓮華紋」「獰猛な咆哮」も使えない。

 

なんてこった。それでもない頭とない資産を振り絞って作ってみました。

 

f:id:Necrom4444:20170624221727p:plain

 

マーロックエレメンタルステゴドラゴンドルイド

よくわからんもんが生まれました。

ドルイドらしさが「シェルシフター」と「ムーングレイドのポータル」しかない。

そしてなぜか中途半端にナイトブレード。

なんとなくいれたくなりました。やけくそだったのかもしれません。

 

 

さて、気になる結果は…?

28人中28位。

やったね!初めての最下位だよ!!

一回も勝てませんでした。

 

ちなみに、3回戦で「偶数マナドルイド」の相手とあたって

「なぎ払い」「自然の怒り」をされた時が

一番心が折れそうになりました。

それくれよぉ!(クレクレ君

 

これもこの大会の醍醐味です。

使いたいカードが使えないもどかしさ。

そこをどう乗り越えるか、解決策を必死に考える…(考えた末に負ける

でも、いろいろと考えたことがない戦い方を考える良い機会になりました!

 

一回も勝てませんでしたが、とても楽しかったです!

ぜひまたやってほしい。その時はプリーストがあたるといいな!

(資産がプリーストに集中しているので…)

 

ということで前編修了。

後編では、今回新しくなった大会のシステムについて、

プレイヤー視点から触れていきたいと思います。

黄金のカエル像と沈黙の歌 第1話

※これはHS「仁義なきガジェッツァン」をもとに、

「カバールの奪歌師が何で黄金のカエル像を持っているのか」を、

ねくろむが勝手に想像して作った二次創作です。

原作「Warcraft」をプレイしたことがない故(できる環境がないのが痛い…)、

勉強不足で原作と違う点もあり、

更には想像して組み込んだオリジナルの設定も多少ありますが、ご了承ください。

 

「なあ、この”縄張り”。頭がいないとさ、なにかと不安だろ?俺たちが面倒みてやるからさ」

 

アラコアの少年、ランスは絶体絶命のピンチに直面していました。

正面には、ランスより一回りも大きなアラコアがいます。

彼は、にやにやと笑いながら、背後の取り巻きたちと一緒にランスを威圧的に見下ろしてきています。

 

とても怖いのですが、ランスに逃げることは許されませんでした。

ランスの後ろには、ランスよりも小さな子どもたちが隠れて、震えているのです。

自分が、この子どもたちを守らなければなりません。

自分の声も震えてしまいそうなのを必死に堪えて、できるだけ相手を刺激しないことを心掛けながら、ランスは言いました。

 

「し、心配していただいて申し訳ありません。でも、大丈夫です。俺たちは、自分たちでやっていけます。「兄貴」にここでの生き方を教えてもらいましたから」

 

ランス達には、自分たちを守ってくれる、「兄貴」と慕っていた「縄張り」のリーダーがいました。

しかし、その「兄貴」が、つい先日、死んでしまったのです。

 

できるだけ穏やかにランスは返事をしたつもりでしたが、ゾーイは気に入らなかったようでした。

ぴくっ、とゾーイの片方の眉がはねあがります。

やばい、とランスの本能が、警鐘を鳴らします。

残念ながら、その警鐘は役には立ちませんでした。

 

「生き方を?教えてもらったから大丈夫ですだぁ?」

 

ランスがやばい、と思うのと同時に、そしてランスが逃げる間もなく。

勢いよく延ばされたゾーイの手に襟首を捕まれ、ランスは高々とゾーイの頭よりも高いところに持ち上げられてしまったのです。

 

「うわあっ!」

「ら、ランス兄ちゃんっ!」

 

さっきまでランスが庇っていた子どもたちが抗議の声と悲鳴を上げます。

しかし、ゾーイにぎろりとひとにらみされると、子どもたちはまるで「蛇に睨まれたカエル」のように、恐怖のあまりひっと息を呑んで、身を縮めて硬直してしまいました。

それでも、子どもたちははやる気持ちを抑えきれずに、視線だけはランスを心配そうに追いかけます。

 

「おまえさあ。せっかく俺さまが、『親切』に、『面倒みて』やろうっていってんのに、何だ、その態度は」

 

おびえる子どもたちを満足げに見下ろしてから、ゾーイは、まるで見せつけるかのように、ランスの襟首を掴みなおして更に締め上げます。

 

ランスは苦しげにうめき声をあげました。

 

「ぐっ、うっ」

「ははっ。弱いのに逆らうからそうなるんだよ」

 

ランスの苦痛に歪む表情を見あげて、ゾーイは嘲るように笑いました。

 

「くっ」

 

反対に、ランスは、涙の滲む目で哄笑するゾーイを見下ろします。

ランスは己の非力さが、悔しくてたまりませんでした。

 

(みんなを、今度は俺が守らなきゃいけないのに…!!)

 

ランス達を、守ってくれていた力強い「兄貴」はもういません。

 

ここは砂漠の町、ガジェッツァン。

その中の「最も貧しい一画」に数えられる、「とかげのしっぽ」と呼ばれているスラムです。

「街から見捨てられ、切り捨てられた民」ー居場所がない日陰者たちが集まるという意味で、そう呼ばれています。

 

「とかげのしっぽ」の住人は、争う一方で、少しでも己の生存率を上げるために仲間をつくり、「縄張り」と呼ばれるコミュニティを築きます。

しかし、少しでも弱みを見せれば、すぐに均衡は崩れ、「縄張り」は奪われてしまうのです。

 

特に、今のランス達の縄張りのように、「縄張り」を仕切り、守るリーダーが亡くなってしまうという事態は、最悪の非常事態であり、他の縄張りの者にとっては、自分たちの領域を広げるための絶好のチャンスでした。

 

「くっ、ううう」

 

ゾーイの後ろで、取り巻きたちもにやにや笑いながら、ランスを見つめています。

何とか拘束をふりほどこうと、ランスはゾーイの腕に爪を立てますが、びくともしません。

 

「おうおう。残念でちゅねえ」

 

ランスの必死の抵抗を、まったく痛がるそぶりも見せず、ゾーイは嘲笑します。

その後ろで、ゾーイの取り巻きたちがはやし立てます。

 

「あんまりいじめてやるなよ、ゾーイ。そいつはまだガキだからさ、自分が置かれている立場をわかってねえんだよ」

「ガキ、ねえ。なら、なおさら年上が、ちゃんと「躾けて」やらねえとなあ?」

カバールの奪歌師

久しぶりに日記をかいてみんとすなり。

ねくろむです。ハースストーンについて何かを書くのはこれが2度目かも。

今日はカバールの奪歌師のお話。

 

f:id:Necrom4444:20170617002749p:plain

カバールの奪歌師といえば、沈黙を持つミニオンの中でも5/5/5という

優秀なスタッツを持つミニオンです。私も愛用のドラプリに1枚入れています。

って語ってみるとかデッキ解説みたいでかっこいいですね!!

 

でも残念ながらねくろむは、そういう頭のよいお話ができません。ごめんなさい。

私が今回注目してるのは、奪歌師のフレーバーテキストです。

f:id:Necrom4444:20170617003315p:plain

日本時間の2016年12月1日に実装された「仁義なきガジェッツァン」ですが、

ゲーム「Warcraft」に出てくる街「ガジェッツァン」を舞台にした、HS独自の

二次創作だそうな。

 

hs-exp.jp

 

そういう意味で、私はこのカードが、

「仁義なきガジェッツァン」の成り立ちそのものを象徴するものだと思っています。

 

でね。ちょっとこのフレーバーテキスト、気になりませんか。

 

「このアラコアがなぜ金のカエルの像を持ってるのかについて、

一番説得力のある二次創作を書いてくれたプレーヤーには、

ガジェッツァン作家協会賞が授与されるぞ!」

 

これは一体何を意味しているんでしょう。

 

①アラコアが金のカエルの像を持っていることを雄弁に物語るような試合をする

 

「仁義なきガジェッツァン」は、「Warcraft」の二次創作ということですが、

私はガジェッツァンのカードを用いた試合ひとつひとつが、

「グライミー・グーンズ」「翡翠蓮」「カバール」の三勢力がぶつかりあう

物語が生まれる場であり、そういった意味では、

プレイヤー自身を作家といえるのではないだろうかと思ってます(中二病的解釈)

となると、このアラコアが金のカエルを持っていることを雄弁に物語るような試合を

すれば、ガジェッツァン作家協会賞がもらえ…たりしませんかね?

すごく難しそうだぞ。

 

②普通に二次創作で書いてくれ

 

変にうがった見方をしなければ、「アラコアが金のカエルの像を持っている理由」の

二次創作を、小説なり漫画なりで作ってみてほしいととらえることもできます。

作っていいよね?

 

私なりに3秒くらい一生懸命考えましたが、

私のテクニックではどう考えても試合を通じてアラコアと金のカエル像について

語るというカッコイイ技はどう考えてもできなさそうなので、

 

②で普通にお話を作ることにしました。

 

ということで、大変つたないものではありますが、

小説版「仁義なきガジェッツァン」。

 

「黄金のカエル像と沈黙の歌」

 

近々にはじめようと思います。

Hearth Stone診断大会れぽーと

HS診断大会に参加してみたので、れぽーとを書き残してみることにした。

 

そもそもこの大会ってどんな大会なの?

 

Twitter使用してる人ならば、一度は「診断メーカー」というやつを見かけたことがありましょう。

その中に、「HSデッキ診断」というものがありまして、その診断結果で出てきたデッキを用意して戦おうぜ!という大会です。

 

主催はミーシャルさん。ミーシャル (@meeeeem_watashi) | Twitter

形式はスイスドロー

 

当日は多少抜けも出ましたが、申し込みは200人オーバー。

個人主催のHS大会としては、最大規模に分類されます。

 

詳しくは、こちらを参照。

meeshal.blog.fc2.com

 

そんな中、ねくろむの診断結果は「二足歩行ドルイド」でした。

実際に使用したデッキがこちら。

f:id:Necrom4444:20170528003443p:plain

今思えば翡翠の開花とフロストウルフが怪しかったかもしれない…

マナ加速してがんがん並べたかったかったんですけどねえ。

 

ちなみに、意外とネザースパイトは仕事しました。

ぶん回っているときにトートランがよくドラゴンを連れてきてくれることがあったのです。

普段の本職がドラプリだったので、ドラゴンシナジーをどうしても入れたかったのです(病気

 

ちなみにデッキを作る過程ではいろいろ悩むこともありました。

たとえば、爪のドルイド

 

爪ドルは手札にいる状態のときは普通に立っていますが、盤面に出すときは挑発形態か、突撃形態のどちらかを選ぶことになります。

挑発なら熊さんが二足で立っているけれど、突撃は明らかに四足ついて走っている…

 

私「爪ドルは二足歩行としてみなしてもよろしいでしょうか」

ミーシャルさん「なんだその審議対象確定みたいな生き物…まあ許可しましょう!」

私「ありがとうございます!!」

f:id:Necrom4444:20170528005314p:plain

ミーシャルさんのお慈悲により、爪どるが ねくろむの 仲間に加わった!!

 

私「マナ加速したいなあ。翡翠の開花!お猿さんが座って瞑想してるけどきっと二足で立ち上がると思う」

ミーシャルさん「OKです」

f:id:Necrom4444:20170528005452p:plain

翡翠のお猿が ねくろむの 仲間に加わった!!

 

ちなみに最終結果は、2-4で99位。

何とも微妙な順位ですが、楽しかったので満足。

 

また次回もあればぜひ参加したいですね!

本当に楽しい時間を、運営にかかわった皆さま、選手のみなさま、

本当にありがとうございました&おつかれさまでした!!

 

 

 

 

耳鼻科と思い出

先日、風邪をひいて耳鼻科へといった。

中学生の頃からお世話になっている、近場の耳鼻科である。

 

開院時間ジャストの午前8時半に着いたにも関わらず、そこはすでに大勢の患者でごった返していた。

 

人の多さにびっくりしながら、私は受付簿に名前を書いた。

まさかの25番目。なかなかの繁盛っぷりだ。

8時半開院予定の15分前には開くとして、そこから20人以上がどんどこ入ってくる…想像すると、まるで遊園地の開園と同時に、人気のアトラクションにダッシュで並ぶ人だかりのようだ。

 

私は混雑する待合室の中で、何とかあいている椅子を見つけて座り、あたりを見回した。

そこで、小さい子どもたちが意外と多くいることに気が付いた。

彼らは皆一様に、せき込んでいるか鼻水を垂らしている。

 

(ああ・・・かわいそうに)

 

子どもたちを見て、私の中に同情の念がわいてきた。

 

耳鼻科に来る子どもたち…すべてとは言わないが、彼らの多くは中耳炎を患っている。

そして、中耳炎の患者は、状態が悪ければ鼓膜を切開することになる。

恐らくそれは、多くの子どもたちにとって人生最初の手術となるものだ。

 

もちろん、痛い。

 

予想通り、しばらくして、診察室の向こうから、「ギャー!」と火のついたような、喉を枯らさんばかりの子どもの泣き叫ぶ声が聞こえてきた。

身に覚えがあるだけに、その絶叫は私の胸に深くささった。

 

(君はよくがんばった)

 

親と一緒に手をつないで診察室から出てきた、涙で顔がぐちゃぐちゃになった見知らぬ子どもを、私は心の中でたたえた。

 

私も幼いころ、何度も風邪をひいては、必ずといっていいほど中耳炎をおこし、何度か鼓膜を切った。

 

鼓膜を切ることは、幼いころの私にとって注射よりも恐ろしいことだった。

注射は、刺さる瞬間がちゃんと目に見える。

怖いことに変わりないが、まだ視覚で認識できる分、「よし、これから注射を打たれるぞ。痛いけど泣かないぞ」と刺される直前に、痛みに対して腹を括ることができたのだ。

 

しかし、鼓膜の切開は当然ながら、見ることができない。

自分の見えない体の一部を切られる…

耳の中にそっと忍び込んでくる刃。

見えないから、どの瞬間に切られるかもわからない。

それだけで、恐怖は注射の倍だった。

 

そのあとも、順番がめぐってくるまで、私は何人かの子どもたちの悲痛な叫びを聞いた。

そのたびに、私は胸を抉られるような思いをしつつ、「がんばれ!」と心の中でエールを送り続けたのだった。

 

ちなみに、痛みなどはあったものの、今回は私の耳は無事だった。

そして、アレルギーのを抑える薬と風邪薬の処方箋をいただいて、薬局によってからのんびりおうちに帰ったのである。